上腕筋を鍛えて力こぶを大きく!私が取り組んでいる種目。

筋トレ!

こんばんは!ポントレです。

今回は自分が上腕筋を鍛える際に取り組んでいる種目をご紹介致します。

上腕筋は上腕二頭筋の下に位置する筋肉です。

上腕二頭筋と一緒に肘を曲げる働きがあり、

鍛えることでより高重量のアームカールや懸垂を高回数こなすことが可能となります。

そして太くなると上に位置する上腕二頭筋を押し上げ、力こぶが大きく見えるようになります!

腕を太く見せたいのであれば上腕二頭筋・上腕三頭筋と合わせて鍛えることをおすすめ致します(*’▽’)

取り組んでいる種目。

①、ezバーリバースカール

②、逆手懸垂

①、ezバーリバースカール。

ezバーを手のひら側が下になるように握り、腕を曲げるトレーニングです。

※ezバー・・・Wの形に曲がっているバーベルのこと。手首を痛めづらいメリットがある。

手の平が上に向くと上腕二頭筋、手の平が横(ダンベルが縦になるように握る)だと腕橈骨筋、そして手の平が下に向いているとカールした際に上腕筋に効くとされています。

実際に手の平の向きを変えて肘を曲げ、上腕部を見てみるとそれぞれ別の筋肉が強く働いているのが分かると思います(*^^*)

昔はストレートバーまたはダンベルでリバースカールを行なっていました。

しかし手首に痛みを感じ、ezバーに変更したところ違和感なく動作出来るようになりました。

たまにezバーはズルだとおっしゃる方もいますが、痛みを感じたり、ケガをするぐらいなら使用した方が良いと考えております。

腕が太くなっているのを実感しているので効果は保証致します(´▽`)

②、逆手懸垂。

逆手で懸垂を行うと腕を曲げる力の関与が大きくなり、上腕筋が使われます。

もちろん上腕二頭筋も鍛えることが出来、一石二鳥です!

ただし広背筋を鍛えることを目的として懸垂を行う場合、逆手だと腕の力を使いやすく、広背筋への意識が薄れがちになります。

広背筋を鍛えたいのであれば順手での懸垂が良いでしょう。

また懸垂を行う際、小指と薬指に力を入れて握ると上腕筋が身体を引き上げる補助をしてくれるから多くの回数をこなせるようになるという話を本で読んだことがあります。

何という本だったかは忘れてしまいました……。

気になるようであればお試しください。限界まで行った後に小指側に力を入れることで更に数回出来るようになるかもしれません。

おわり。

いかがでしたでしょうか?

上腕筋……あまり聞きなれない筋肉かもしれませんが鍛えて損はありません。

腕を太く見せたい場合、最優先は上腕三頭筋(一番大きい為)次に上腕二頭筋だと考えています。

しかし変化が見られなくなったり、筋トレ種目がマンネリ気味であれば、上腕筋を鍛えてみることをおすすめ致します。

新たな変化が見られるかもしれませんよ!

丸太のような腕を目指して筋トレに励みましょう( `ー´)ノ

私も頑張ります!

今回は以上となります。明日も良い一日を!

created by Rinker
¥1,430 (2024/02/28 20:41:34時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました