筋トレや激しい運動は苦手。そんな方には散歩がおすすめ。

ダイエット!

お疲れ様です。ポントレです!

今回は”筋トレや運動が苦手な方に散歩をおすすめする理由”についてお話し致します。

だらだらと歩くというよりはリズムよく歩く散歩例えば1.2.1.2」のようなリズムに合わせた歩き方を推奨するので、散歩というより※ウォーキングかもしれません(-_-;)

※散歩とウォーキングは正確には異なるものらしく、散歩は自然体で自由に散策する事、ウォーキングは適切な姿勢を保ち、距離・スピードを設定して歩く事を指すようです。

とはいえリズムよく歩く以外ルールはありません。

「運動は苦手・嫌いだけどやらなければならないのは分かっている」という方は是非お試し下さい!

散歩をおすすめする理由。

継続しやすい。

心と体が落ち着く。

継続しやすい。

辛さを感じづらい為、継続しやすさはトップクラスです。

筋トレが1年間続く人は約4%と言われています。

理由は単純、辛いからです。

仕事でへとへとなのに今から筋トレ、つかの間の休日なのにわざわざ体力を消耗することを行う。

客観的にみるとヤバい人たちですよね(笑)

人間は休める時は休むと遺伝子にインプットされているらしく、辛い・体力を消耗をすることを避けるのは当然とのことです。

しかし散歩は歩くだけなので辛いという感情が湧きづらい活動です。

運動はなんでもある程度継続しなければ効果が見えてきません。

散歩の消費カロリーは少ないですがランニングや筋トレをやめ、何もやらなくなるよりましです。

こちらのサイトに歩き方による消費カロリーの違いが掲載されていたのでリンクを貼っておきます👇

歩き方による消費カロリーの違い

もし運動が何も続かないという方は散歩の習慣づけを目指してみるのはいかがでしょうか?

心と体が落ち着く。

散歩をするとセロトニンという脳内物質の分泌が促され、心身をリラックスさせることが出来ます。

セロトニンは”ドーパミン” ”オキシトシン”と共に”幸福物質” ”幸福ホルモン”とよく紹介されている脳内物質の1つです。

分泌量が増加すると心身のやすらぎや爽快感を得ることが出来るとされています。

下記にリンクを張らせて頂きますが私が読んだ本によるとセロトニンの分泌量を増やすには「朝日を浴びる」「リズム運動」「咀嚼」が有効と紹介されています。

リズムよく行う散歩は「リズム運動」の一種です。

それだけで効果はありますが朝に行うと「朝日を浴びる」が加わりより多くのセロトニンが分泌されます。

その後に朝食で「咀嚼」を行えば完璧です(´▽`)

とはいえ「朝」という条件を付けると億劫に感じる可能性があります。

それで続かなくなるぐらいなら好きな時間に散歩を行うだけでも良いと私は考えています。

自分の生活リズムに合わせて取り入れていきましょう!

下記の本に”散歩”がおすすめな理由(特に朝の散歩)幸福を感じる脳内物質の話が掲載されています。

タイトルが少々胡散臭いですが心と体のケアに関して実用的な内容となっており、面白いですよ(´▽`)

created by Rinker
¥1,650 (2024/04/15 20:00:48時点 楽天市場調べ-詳細)

おわり。

20代後半、競技に打ち込んでいた頃、スクワット・デッドリフトを行った後は30分間可能な限り走り続けるということを行っていました。

筋肉を大きくする点ではマイナスですが、辛い状態で動き続けられるように根性をつけることを目的として取り組んでいました。

その名残で今も筋トレ後は軽く歩き回るのが習慣になっているのですが筋トレで興奮した身体がゆっくりと落ち着き、良い感じです👍

筋トレとは関係ありませんがゲームが趣味でドラクエウォークをプレイしています。

GPSを利用したゲームで現実の移動距離がゲームに反映されます。

こういったゲームをつけた状態で散歩をすると帰宅後画面を見る楽しみも増えて一石二鳥です(*’▽’)

最近はモンスターハンターnowが話題になっていますがドラクエウォークも是非(笑)

今回は以上となります。明日も良い一日を!

👇私のゲームアカウントです(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました