片足スクワット(ピストルスクワット)に挑戦してみる…。

筋トレ

片足スクワット好きにはたまらないTシャツを見つけました。一番下にリンクがあるので興味があれば是非!(*^^*)

はじめに・・・

こんばんは!ポントレです!

今回は片足スクワットについて記事を作成してみました。

自重トレーニングの中で非常に強い負荷をかけることが出来る種目である。

単純ですが上記が個人的に感じる片足スクワットの最大のメリットです。

フラッグや逆立ち腕立てのような超人技とまでは言えませんが難易度は高い方で下手に行うとケガをする恐れがあります…ある程度筋力をつけてから段階的に取り組んでいきましょう!

自重トレーニングの中で非常に強い負荷をかけることが出来る種目である・・・

自重を片足で支えて動作を行う為、通常のスクワットよりも強い負荷がかかります。

筋トレに取り組み、筋肉を大きくすることを目的とした場合、自重トレーニングだと難しいとよく言われます。

理由として負荷を上げることが難しい点が挙げられます。筋肉は現状の強さでは耐えられないという刺激を受け、それに対応可能にするために太く強くなります。

ということは同じ種目を行う場合負荷を少しづつ上げていく(漸進性の原則)必要があるということになるのですが、自重トレーニングだと自分の体重を重り代わりに使用する為、自由に負荷を増やすことが出来ません。

ウエイトトレーニングであればただプレートを増やすだけなので簡単に強度を上げることが可能です。

では重量以外で負荷を上げる方法はというと回数を増やす、スピードを上げる・落とす、種目の難易度を上げる等が挙げられます。

片足スクワットは種目の難易度を上げるものにあたりますね!

上述しましたが片足でスクワットをするのは簡単ではありません。

まずは足幅を狭めたスクワットを行いそれが出来たら、ブルガリアンスクワット(下の画像の種目)を行って片足でスクワットをすることに慣れましょう(重りは持たなくてOKです)

ある程度慣れたらウォールピストルスクワット、片手を壁につけた状態で行う片足スクワットに取り組んでみましょう。

片足の状態となり膝をゆっくりと曲げていくわけですが目線は真っすぐ(下を向くとバランスを崩しやすい)猫背にはならないように注意!

最初は膝が90度ぐらいになるのを目指すと良いと思います🌞

またバックスクワットと同じで膝がつま先より出過ぎると膝を痛める原因となります、腰を落とすことを意識しましょう(´▽`)

楽にウォールピストルスクワットが可能になったらいよいよピストルスクワットに挑戦です。

ケガをしないよう細心の注意を!

更に難易度を高めるには・・・

通常のピストルスクワットでも満足しなくなってきたら相当な筋力とバランス感覚が身についていると思われます。

さらに難易度、負荷を上げるのであれば重りをもって行う(水を入れたペットボトルや石を入れた袋等)、ボトムポジションでお尻を床につけてからスタートポジションに戻る等が挙げられます。

私は出来ませんが飽きを防ぐといった点でも悪くない工夫のように感じます。

自信のある方は是非!

おわりに・・・

いかがでしたでしょうか?

自重トレーニングはやろうと思えばどこでも出来る非常に優れたトレーニングです。

ウエイトトレーニングのみでなく自重に取り組むことが飽きを防いだり、新たな刺激になる可能性もあります。

試しに取り組んでみるとはまるかもしれませんね(笑)

様々なことに挑戦してみましょう!

今回は以上となります。明日も良い一日を(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました