デッドリフト時、オルタネイトグリップは好ましくない?(体のバランスが崩れる?)

筋トレ

回数、スピード、握り方等、筋トレは同じ種目でも目的によって様々な点が変わります…。

自分に合うか…やってみるまで分からないので困ると同時に新しい発見があるかもとワクワクします!

始めに・・・

お疲れ様です!ポントレブログです。

今回はオルタネイトグリップについてです(*’▽’)

デッドリフトでよく使われ、人によって良・悪と意見がよく分かれますよね(-_-;)

私はリストストラップを使用するまで、オルタネイトでデッドリフトをやり込んでいたのでその経験もふまえてお話しします!

オルタネイトグリップって何?・・・

オルタネイトグリップとはバーを順手・逆手、左右で異なる握り方をすることです。

左右別の握り方をすることで前腕の負荷が分散します。

その為、広背筋や下半身に十分な刺激を与える前に握力がもたなくなることを防ぎ、しっかりとトレーニングをやりきることが出来ます(高重量のデッドリフトを行うのであればオルタネイトが基本と言われています)

※この画像の持ち方です。

オルタネイトグリップは好ましくないのか?・・・

1セット目は右手が順手、左手が逆手。

2セット目は右手が逆手、左手が順手…といったようにセットごとに左右の握り方を変えるのであれば問題無いと考えております。

デメリット・・・

よく言われているのは筋肉の付き方が左右で変わってしまい身体のバランスが崩れるという点です。

遺伝子の関係でもともと人間は左右非対称ですが、更に差が広がると言われています(-_-;)

確かに順手と逆手では強く負荷がかかる部分が異なる為、続ければ左右差は出ると思います(実際にやってみると左右の感覚の違いが良くわかりますよ!)

とはいえセットごとに左右で握り方を変えれば十分にカバー可能な問題に感じます。

ただ重量よりもボディメイク重視の方であれば崩れる恐れがある方法は極力避けるべきです。

その為、高重量を行うのであればリストストラップかパワーグリップの使用を推奨いたします(´▽`)

またバランスを取ろうとセットごとに持ち方を変える場合、総セット数は偶数かつ同じ重量で2セットは行わなければならないのもデメリットと言えると思います(左右均等に負荷を与える必要がある為)

メリット・・・

握力が非常に強くなる・高重量を安定して扱える点が挙げられます。

リストストラップやパワーグリップの補助無しかつ、順手では最後までもたない重量を最後まで握り続けるので握力が大きく強化されます。

また握力が持続しやすくなる為、動作中、握る手に意識が集中することを防ぐことが出来ます(^^)/

結果、腹圧や全身の動きに集中することが可能となり、動作が安定し高重量を扱いやすくなります。

しかし経験上、リストストラップやパワーグリップほどの握力補助効果はありませんのでご注意を!

※人によって変わりますが私は昔165㎏×5で「あっリストストラップ買お」って思いました(笑)

終わりに・・・

オルタネイトグリップは個人的には悪いものとは思っていません。しかしデッドリフトの目的はあくまで下半身と広背筋を鍛えることであり、握力(前腕)は副産物的な存在です。

下半身と広背筋に完全に集中したいのであればリストストラップ・パワーグリップを使用するのがおすすめです(この理由から私はリストストラップを使用し始めました)

自分がどのような効果を求めているかをしっかりと認識しつつトレーニングに励みたいですね!

今回は以上となります!明日も良い一日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました