ダイエットで摂取カロリーを過度に下げることをおすすめしない理由。

ダイエット

始めに・・・

こんにちは!ポントレブログです。だいぶ日が長くなってきましたね(^^)

夏が近づくにつれダイエットに励んでいる方も多いと思います。

そこで私の経験上、ダイエットで過度に摂取カロリーを減らすのをお勧めしない理由をお話ししたいと思います。

なぜなら筋肉が急激に減少し、目標体重を達成しても見た目が「あれ?なんか自分の想像と違う…」といった残念な結果になりやすいからです。

経験談・・・

大学時代アメフト部に所属していた私は筋トレと食トレに励み、107㎏の身体を作りました(190㎝あるなら120㎏ないとダメだと言われてましたが(笑))

就職先が決まり、学生生活も終盤に差し掛かかった辺りで社会人として生活する上でこんなに大きい筋肉と脂肪は要らない!

そう考えた私は人生初、自らの意思でダイエットに挑戦することにしました。

痩せるなら摂取カロリーを減らさなければと朝はリンゴ一個または黒砂糖3ブロック、昼プロテインバー1本、間食にキャベツの千切り、夕飯に0.5合分のご飯に味噌汁1杯、朝、夕に5㎞ほどのランニング、昼にエアロバイク1時間という生活をしました。結果1ヶ月で10㎏痩せました。

しかしたまにめまいや睡魔に襲われ、当時乗っていた原付で危ない目にあったりもしました。

明らかに体調不良でしたが体重を落とすことに囚われ数字が減るのが一種の快感になっていた自分はその生活が辞めれませんでした。

結局3か月その生活を続け、107㎏→82㎏となりました。

その時の姿を思い出すと明らかに自分の理想とする見た目ではありませんでした。いわゆる隠れ肥満というやつです(体重は軽いが筋肉量が少なく体脂肪率が高い)

筋肉は並みよりあるから体重が落ちればこうなると思っていたのですが(笑)

82㎏になってからその生活はやめましたがその後もカロリー低めの生活を続けていました。ある出来事でこのままではダメだと感じしっかりとした食事を再開するのですがその話はまた別の機会に…。

結局どうすればよいのか・・・

個人的にはしっかりと食事を取り体重には固執せず筋肉量を増やし、脂肪を減らしていくことで体重は軽くないけどシルエットはシュッとしているといった身体を目指すことが良いと考えています。

しかしどうしても体重を減らしたいという方は1日の必要カロリーからマイナス600キロカロリーを目安にした食事を続けてみることをおすすめします。

単純に考えると人間には基礎代謝(生命活動を維持するためのカロリー消費)に消費されるカロリーとと日々の仕事や運動に使用するカロリーを足したものが一日に使用されるカロリー、つまり必要カロリーということになります。

この基礎代謝による消費カロリーを下回る量のカロリーしか摂取しない生活を続けると過去の私と同じ目にあいます(笑)

ネットで基礎代謝と調べると表が出てくると思います(ページによって結構数字が違ったりしますが…)計算式とかもあるので気になる方は計算してみると良いでしょう。

仮に皆様が30~49歳の男性で身体活動レベルがⅡというカテゴリの人間だったとします(身体活動レベルとは1日にどれぐらい身体を動かしているのかという指標のことです)

すると1日に必要なカロリーは2700キロカロリーとされています。つまるところこれが基礎代謝と日々の活動による消費カロリーを足したということになります(めちゃくちゃ単純に考えるとです…)

私が言いたいのは必要カロリーが2700ならそこから600引いて2100キロカロリー程度を摂取する生活をするということです。

ちなみに30~49歳の男性の基礎代謝は1500~1600キロカロリーと言われており、この数値を上回りかつ2100キロカロリーに近しい摂取カロリーに抑えることが大事です。

何度も言いますが基礎代謝を下回るカロリーしかとらないと…

私と同じ目にあいます!(笑)

だいたい人間は7200キロカロリー消費することで1㎏脂肪が減ると言われており、ひと月あたり体重の5%以内の数値なら落としても健康に害が起こりづらいと言われています。

1日600キロカロリー。7200÷600=12日 およそ12日で1㎏痩せることとなります。ひと月で2~3㎏減。

このペースであればよほどでない限り健康を損なわずに体重を落とせることとなります。

とは言え基礎代謝は上回っていても本来必要なカロリー値を下回っている為、脂肪と一緒に筋肉も少し減少します。しかし私のように急激に失い体重は減ったのに残念な見た目になることはないはずです。

ちなみに上記の基礎代謝や必要カロリーは個人の体重や身長等でも変わってくるので正確に測ることは難しく、あくまでこの位だといった程度に考えるようにしましょう。

変化がなければ摂取カロリー・消費カロリーを調整してみましょう。幸い現代は様々なカロリー・食事・運動管理のアプリがあるので簡単に計算・記録が出来ます。

このカロリーの計算を続けているとアプリで調べなくてもこの食材を食べたら◯キロカロリー、たんぱく質が◯グラムで炭水化物が……と頭の中で計算出来るようになってきたりして楽しいですよ(笑)

以上、少しでも参考になれば嬉しいです!

お互い理想に向かって突き進みましょう!では(^_^)/~

created by Rinker
¥1,650 (2022/09/27 10:35:02時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました