荷物の持ち上げ方(腰を痛めるのを防ぐ)

コラム

はじめに・・・

こんばんは!ポントレです!

私は仕事柄10~15㎏程の内容物が入った段ボールをよく運ぶのですが、仕事中に腰を痛めてしまう方が少なくありません…。

そこで今回は段ボール…もとい重い荷物を安全に持ち上げるにはどうすればよいかについて記事を作成してみました!

10~15㎏とはいえ握ることが出来るバーベルとは持ちやすさが違います。体力に自信のある方でも無理な持ち上げ方をしていると腰をやる可能性がないとは言えません…。

筋トレをほとんどしていないという方であればなおさらです。

大切な筋トレに悪影響を出さないようケガの芽となりそうなものは出来るだけ少なくしていきましょう!

どう持ち上げれば良い?・・・

腰を落として荷物を身体に引き付けてから全身の力を使って持ち上げる(立ち上がる)

腰を落とさずに身体を折り曲げて箱を掴み、持ち上げるのは避けましょう。

腰を落とさずに持ち上げようとすると腰の力のみで起き上がることとなり、負荷がもろにかかってしまいます(; ・`д・´)

全身の力を使うことで負荷が分散し、腰を痛める可能性を下げることが出来ます。

デッドリフトに取り組んでいる方なら良く分かると思います(そもそも床引きデッドを腰を落とさずに行ったら壊れます…)

また膝を曲げるとより負荷を散らすことが出来ます(職場によっては床に膝をつくのはNGというところもあると思いますのでそこはご注意を)

筋トレでダンベルカール等で床から持ち上げる際にも活かせる技術です。

筋トレをしていない方も私生活や仕事で何かしらの重量物を持ち上げなければならない時はありますよね(プリンターとかけっこう重いですよね)

健康は全ての資本です自分の身体は大切にしましょう(´▽`)

おわりに・・・

いかがでしたでしょうか?

筋トレをされたり介護や看護、運送等の仕事をされている方はそんなの知っているよと感じるかもしれませんが普通に腰を折り曲げて下にある物を持ち上げようとする方は少なくないように思えます。

腰を落とし、物を身体に引き付けてから全身の力を使って立ち上がる…腰への負担がだいぶ減った感覚を得られますので是非、お試しください!

今回は以上となります!明日も良い一日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました