筋トレ前日は良い睡眠を!

コラム

最近ネットゲームを友人としているのですが、気付いた頃には0時前とかになってしまいます……。

はじめに・・・

こんばんは、ポントレです!

今回は筋トレ(運動)の前日は良質な睡眠をとることが重要というテーマで記事を書いてみました!

現代社会では仕事に追われ、深夜に家に帰ることは珍しくありません…。

早く寝るべきなのは分かっていてもスマホやテレビ等の誘惑が多く、ストレスを発散する為に晩酌も欠かせないという方は少なくないでしょう(*_*)

しかし当たり前かもしれませんが睡眠は非常に大切なものです。

翌日の仕事や学業に大きい影響を与えます。もちろん筋トレ(運動)のパフォーマンスにも関わってきます!

どう影響する・・・

①、筋トレ1種目ごとの総負荷量が低下する。

②、集中力の乱れにより、トレーニングの質が低下する。

①、筋トレ1種目ごとの総負荷量が低下する・・・

筋トレの総負荷量(重量×回数)が減少するとされています。

イギリスでアスリート達を睡眠時間8時間以上のグループと6時間未満のグループに分け、限界の回数まで追い込む筋トレを4セット行った実験がございます。

結果は8時間以上のグループは多くの回数を行うことが出来、高い総負荷量を示しました(*’▽’)

ちなみに最大筋力に違いは見られず、単関節トレーニング(アームカールやマシンレッグカール等)よりも多関節トレーニング(ベンチプレスやスクワット等)の方が大きい差が見られたとのことです。

理由としては睡眠不足によりインスリンの機能が低下する為、筋肉が働く際のエネルギー源となる筋グリコーゲンが不足し、多くの筋グリコーゲンが必要となる多関節トレーニングのパフォーマンスが落ちるのではないかとされています(´▽`)

せっかくトレーニングをするのであれば高いパフォーマンスを発揮し、最大限の効果を享受したいですね!

②、集中力の乱れにより、トレーニングの質が低下する・・・

体力面のみでなく、集中力が低下し散漫になることでトレーニングの質が低下する恐れがあります。

睡眠不足によってイライラしたりなんかぼーっとするという経験は多くの方達がしていることとでしょう(-_-;)

その状態で筋トレを行えば精密な動作が取れずしっかりと効かせることが出来なかったり、球技等のスポーツであれば判断力の低下やケガに繋がることは明白です……。

ちなみに私は学生時代、夜勤後の朝から社会人との練習試合を行い地獄を見た経験があります((+_+))

無事終わることが出来たからこそ、バカだったなーと笑い話になりますがかなり危険なことだったなと思います……。

前夜はどう過ごすべき・・・

よく言われることかもしれませんが…。

睡眠2時間前からスマホやテレビ等を見ない、15時以降はカフェインを摂らない、寝酒はしない、就寝2時間前には食事を済ませる(ドカ食い脂質大盛はNG)、就寝一時間前には入浴を済ませておく、15時以降は昼寝をしない等が挙げられるでしょうか。

特にカフェインを摂取するタイミングは大事です。

理由としては覚醒作用が6時間は続く為です。良質な睡眠をしたいけどコーヒーを飲みたいと感じるのであればカフェインレスコーヒーを活用しましょう(値段は少々張りますが…業務スーパーの商品が安めでおすすめです)

しかしカフェインを我慢するのは結構簡単だと思いますがテレビ・スマホ・アルコールはなかなか難しいところでしょう…(;’∀’)

耐えろとしか言いようがありませんが、しいて言うならアルコールを家に置かないスマホ・テレビを就寝2時間前からは近くに置かない等が対策になるでしょうか。

おわりに・・・

いかがでしたでしょうか?

睡眠は生物が身体を真に休めることが出来る唯一の手段とも言われています。

人間が生き残る為に大きい役割を果たしていたともされています!

筋トレやスポーツが趣味でない方も良質な睡眠をとることを意識しながら日々の生活を送りたいものですね(; ・`д・´)

今回は以上となります!明日も良い一日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました