短い時間でも全身の筋肉を追い込める(短時間トレーニングのメリット)

筋トレ

帰宅後、「さあブログ作業するぞ」と思った矢先、エラーでしばらくログイン出来ませんでした…。

はじめに・・・

おはようございます!ポントレです!

今回は短時間で全身の筋肉を追い込むポイントについてお話致します。

あまり時間が取れない方、長時間集中するのが苦手と言う方のトレーニングの助けになれば嬉しいです(*’▽’)

短時間で追い込むポイントとメリット・・・

①多くの筋肉を使用する種目に絞る(単関節種目より多関節種目)

②1セットでワークアウトすることを目指す。

それではいってみましょう!

①多くの筋肉を使用する種目に絞る(単関節種目より多関節種目)・・・

多くの筋肉を使用する種目に絞ることで実行する種目数を減らし時間を短縮出来ます。

使う筋肉が限定的なトレーニングは全身を鍛えたいと考えた場合、種目数が増えてしまい非効率と言わざるをえません。

その為、多くの筋肉を使用する(動員する)トレーニングを中心にメニューを組みましょう!

自分が弱点だ、より発達させたいと感じている部位があれば追加でその部位に関する種目を行えばよいと思います(´▽`)

そして多くの筋肉を使用する種目は多関節種目に分類されるトレーニングです。

※多関節種目・・・2箇所以上の関節が関与する種目(スクワット、ベンチプレス、デッドリフト、ショルダープレス、懸垂等)

※単関節種目・・・1箇所の関節のみが関与する種目(アームカール、レッグエクステンション、キックバック、スカルクラッシャー等)

正直、ベンチプレス、スクワット、懸垂の3種目でほとんどの部位をカバー出来ると私は考えています…..。

使わない部位の方が少ないと言われるデッドリフトまたはパワークリーンしかやらないという方もいらっしゃいますね!(現に知り合いにいて、良い体格をしています)

②1セットでワークアウトすることを目指す・・・

トレーニング時間を短くすることを意識した場合。1セット、究極的には1レップだけで1種目を終えるのが理想です。

しかし実際には難しく、じゃあ次に同じ重さは挙がらないMAX×1を行えばよいのかというとそうではないように感じます。

これは個人的な感想なのですがMAX重量によるトレーニングは確かに次に同じ重さは挙がりません。しかしそれは神経の疲弊が要因であって、筋肉の疲弊が理由ではないような気がするのです。

MAX×1を行った後、少し重量を落とせば何十回も出来たりするといった経験はございませんか?

その為、1セットでトレーニングを終えるのであればある程度回数が必要と考えております。

1セットの時間は長くなる代わりにインターバルが無いので総合的に時間が短くなると言ったところでしょうか…。

そしてこのやり方はウエイトトレーニングより自重の方が行いやすいように感じています。

手を抜きづらくする為に音楽や20メートルシャトルランで使用される音声に合わせてトレーニングすることが効果的です。

(昔、タイマーを設定して雑巾がけで追い込む等も行っていた時期があります…HIITに近いかもしれませんがかなり足と筋持久力が鍛えられました!)

自分も行っているのですがBring Sally up という曲に合わせて筋トレするのはかなりおすすめです!

youtubeで検索するとたくさん出てきますのでご興味があれば是非!

おわりに・・・

いかがでしたでしょうか?

工夫次第で短い時間でも十分に筋肉を追い込み、成長させることは可能です!

やれない理由を探すより、どうしたらやれるかを考えて行きたいですね(*^^*)

今回は以上となります。今日も良い一日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました