飲み会で後悔しない!(食物繊維とたんぱく質を優先する)

食事関連!

お疲れ様です!ポントレです(^^)明日飲み会に行くことになりました……。

飲み会で後悔しない方法・・・

①、食物繊維が多い、またはたんぱく質が豊富な食品を優先して食べる・・・

胃腸を守る、アルコールの吸収を遅らせる、アルコールの分解を助ける。

②、脂質が高い料理は避ける(脂質+糖質は最も避けたい)・・・

脂肪になりやすい栄養、脂質+糖質は最も太りやすい組み合わせ。

③、水を多めに飲む・・・

脱水症状を防ぐ、悪酔い防止。

上記の3点が飲み会で後悔しない方法です。

食物繊維が多い、またはたんぱく質が豊富な食品を優先して食べる・・・

不溶性食物繊維(キノコ類やカボチャ、豆類)は胃にアルコールを留め、小腸から吸収するのを緩やかにする為、悪酔いを防ぐ効果が期待できます。

水溶性食物繊維(海藻、らっきょう等)は胃に膜を張る為、胃荒れ防止に効果的(*’▽’)

たんぱく質はアルコールを分解する酵素の材料となります(アルコール脱水素酵素)

また食物繊維が多い食材やたんぱく質のみが高い料理(部位にもよりますが刺身、焼き鳥の純鶏、えいひれ、かまぼこ等)はカロリー控えめなものが多い点も高ポイントです!

これらの理由から食物繊維、たんぱく質が豊富な食品は優先的に食べるべきと考えられます。

脂質が高い料理は避ける(脂質+糖質は最も避けたい)

いわずもがな、脂質は脂肪として身体に残りやすいです。そして糖質もその後に使う予定が無ければ脂肪になりやすい栄養素です(飲み会の後に運動する人は少ないでしょう…)

その為、脂質が高い、脂質+糖質はなるべく避けたいところです。

脂質+糖質の例…ラーメンに背油、オイル系のパスタ、天ぷらうどん・そば、チャーハン、かつ丼等。

ただこれは個人的な考えなのですが飲み会開始前や開始直後にヨーグルト、牛乳、チーズを食べるのは悪酔いを防ぐのに有効だと考えております。

理由としては水溶性食物繊維のように脂肪分が胃に膜を張り、胃荒れを防いだり、アルコールの吸収を遅らせる効果が期待出来るからです。

また上述しましたがヨーグルト、牛乳、チーズはたんぱく質を豊富に含んでいる為、アルコールを分解する酵素の材料となります。

脂質も使いようによっては悪酔い、二日酔いを防ぐ力になってくれます(*^^*)

水を多めに飲む。

アルコールを摂取するとトイレに行く回数が増加します(ビール1Lで水分が1.1L失われるとされています)

水を飲まなければいつの間にか脱水症状に陥る可能性があり危険です(栄養が筋肉に回らなくなる、血中アルコール濃度が高い状態となり悪酔いする)

ちなみに水を飲んでもアルコールの分解は早まらないと言われています。

血中アルコール濃度を下げ、一時的に身体を楽にしてくれるかもしれませんが2日酔いにならないわけではないのでご注意を(+_+)

過去の記事・・・

過去にアルコールが筋肉に与える影響に関する記事を掲載しております。ご興味があればどうぞ!

おわり・・・

いかがでしたでしょうか?

お酒を飲むと自制が効きづらくなることもあり、飲み食いしすぎてしまう可能性が高いです。

その翌朝はやってしまったと大きい後悔を感じてしまいます。

せっかく飲み会に行くのであれば楽しい思い出にしたいですよね(; ・`д・´)

食物繊維とたんぱく質を意識し、脂質と糖質が組み合わさった料理は避ける。お酒を飲んだら次は水。

これを守れば翌朝目が覚めた時、楽しかったなと思える飲み会にすることが出来るハズです!

私も明日の飲み会を楽しい思い出で終えれるよう努力します(´・_・`)

今回は以上となります!明日も良い一日を!

created by Rinker
¥1,430 (2022/12/05 10:54:52時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました