運動は死ぬまですべきと私が考える理由(健康は全ての資本)

コラム

運動、好きな方も嫌いな方もいるでしょう。しかしやった方が良いというのは大体の方が「言われんでも分かってるわ!」と感じるところでしょう。

こんばんはポントレブログです!

今回は運動を死ぬまで続けた方が良いと私が考える理由をお話しします。

死ぬまで続けるべき理由・・・

健康は全ての資本であり、平均寿命よりも健康寿命を重視すべきと考えている為です。

平均寿命と健康寿命について・・・

大雑把に言うと……

平均寿命・・・死亡するまでの期間

健康寿命・・・自立した生活ができる期間

ということになります。

日本は非常に長寿の国ということで有名なのは皆さんもご存じでしょう。2019年の平均寿命は男性約82歳、女性約87歳…この数値はイタリアやオーストラリアと並び世界一位タイです。

しかし健康寿命はいかがでしょう…男性約73歳、女性は約75歳となっております。グッと下がりましたね(-_-;)

しかしこれは世界で一番高い数値です。

長寿社会だからこその問題点・・・

日本は国が健康日本21という施策を2012年頃に始め、健康寿命を延ばそうと努力されています。

そしてこの平均寿命と健康寿命の差が問題です。単純に考えると平均寿命ー健康寿命=自立した生活が出来ない期間だからです。

長寿は幸せと言われていますが他者の介助がなければ生活できず、寝たきり等の状態では幸せを感じる難しいのではないでしょうか?

健康な身体があってこそ様々な活動が可能となります。動けなければお金や地位があってもあまり意味がないように感じます。

以上の理由から私は何歳まで生きられるかより死ぬまで動ける身体でありたいと感じており、健康寿命を重視しております。

運動を続ければ健康寿命が延びる可能性が高まる・・・

自立した生活が出来なくなる大きな原因として認知症や脳卒中が挙げられます。

運動は脳神経の発達や血管の強化、血圧の正常化等、認知症、脳卒中予防に高い効果を発揮します。

しかしそれ以上に運動が効果的だと感じるのは認知症、脳卒中に並んで自立した生活が出来なくなる(つまり健康寿命が尽きる)大きい要因の転倒による骨折の予防効果がある為です。

言うまでもなく運動神経系の衰えと筋力不足が引き金となります。

認知症、脳卒中そして転倒の防止に高い予防効果がある。この時点で健康寿命を延ばす大きい力になる可能性が高いことが分かります。

運動を続けることが最高の転倒防止策となる・・・

認知症や脳卒中は脳トレや食事の改善等でも予防可能に感じますが転倒の防止に関しては運動しかないと私は考えています。

運動神経は使わなければどんどん弱っていきます。別名運動会のお父さん現象ですが30~40代でも日頃運動をしていない場合、全力で走ろうとすると足がもつれたりします。

30~40代でもそういうことになるのに運動していない70代80代が転倒し、受け身を取れず大けがをする…..容易に想像がつきますよね((+_+))

高齢になるとそこに筋力の低下が重なってきます。

【運動を続ければ健康寿命が延びる可能性が高まる】の欄で運動は脳神経を発達させると言いましたがそれは運動神経を活性化することにも繋がります。

プラス身体を動かすことによって筋肉を使用する為、筋力の強化及び維持の効果を得られます。

簡単な理屈ですが運動をすることが神経、筋力という転倒の原因に対する予防策と言えます。

運動を続けましょう!

運動は脳や筋力だけでなく様々なメリットを享受できる最高の健康法だと考えています(無茶しすぎてケガをしては本末転倒ですよ!)

肺活量などは死ぬまで成長すると言われていますし年を取ったからと言ってあきらめるのはもったいない気がします。

ちなみに私の人生の目標は70歳過ぎで全力疾走する老人として動画サイトに動画をアップロードすることです(笑)

お互い死ぬまで駆け続けられる身体を作っていきたいですね(*’▽’)

今回は以上となります。明日も良い一日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました