ジャンクフードを食べるメリット!(ビッグマックで痩せる!?)

食品

時々無性にハンバーガーを食べたくなります…店の前までいって結局買わないことが多いですが…。

はじめに・・・

こんばんは!ポントレです。

今回はジャンクフードを食べるメリットについてお話致します(´▽`)

あまり良い印象はありませんが長所も存在するので上手く活用したいですね!

ジャンクフードを食べるメリット・・・

①手軽に多くのカロリーが摂取出来る(たんぱく質も結構高い)

②商品によってはカロリー計算が楽。

それではいってみましょう!

①手軽に多くのカロリーが摂取出来る(たんぱく質も結構高い)・・・

ジャンクフードの特徴と言えば手軽に食べれるうえにカロリーが高いことです。

カロリーが不足していると筋肉は成長しづらい為、身体作りに有効な場合があります(特に小食の方)

例えばマクドナルドのハンバーガーは一つで256kcal、炭水化物30.3g、たんぱく質12.8g、炭水化物30.3gの構成となっております。

あの小さいハンバーガー1つで256kcalです。チキンクリスプやチーズバーガーなら脂質が増える分1つ300kcalを超えます。

30~49歳のそこそこ身体を動かす生活を送っている男性で一日に必要なカロリーは2700kcalと言われています。10個食べたらほぼ達成してしまうのです。

また座位の仕事、運動や徒歩通勤とかをしているわけでもない方であれば普通にオーバーカロリーとなります。

しかも非常に美味しいのでガンガン食べれます(脳の食欲を制御する機能が弱まるとも言われています)

しかしハードにトレーニングをしている方の場合、カロリーの消費量が高いうえにより筋肉を大きくするために多くのカロリー(栄養)が必要となります。

一つのカロリーが高く、たくさん食べれる。

さらにハンバーガーの場合ですがたんぱく質が高いという点もあるので、一日に摂取する目標カロリー・たんぱく質量を達成する際に役に立ちます(脂質がかなり高いこととミネラル、ビタミンがほぼ無いことに注意)

また少量で多くのカロリーを摂取可能な点から、小食の方の強い味方になるかもしれません。

②商品によってはカロリー計算が楽・・・

ご飯とおかず、味噌汁…等と違いハンバーガー1つ、ホットドッグ1つ、ピザ1枚で完結している為、食事内容が複雑化せずカロリーの計算が楽だったりします(セットと言ってもポテトやコーラがつく程度)

自炊をしたり、充実した内容にするために様々な食品を揃えると計算が複雑になってきます。

手間がかからないのであとこれだけ摂取する等の計算が簡単になります。

過去に流行った?有名な話でビッグマック朝昼夕1つずつの食生活を送ったらどうなるかと言うものがありました。

流行った…この話が有名になった理由はファーストフードは太るというイメージがあるのにビッグマック生活を送ったら結果、痩せた為です。

おそらくされた方はビッグマックのカロリー値を見てやることを思いついたのではないでしょうか?

ビッグマックは1つ525kcal、炭水化物41.8g、たんぱく質26.0g、脂質28.3gの構成となっております。

人間は基礎代謝という息をしているだけで消費するカロリーがあります。30~49歳が平均で1530kcalとされています。そこに仕事や趣味、家事の消費カロリーが足されてくるわけですね。

ビッグマックは3つで1575kcal…基礎代謝とほぼ同じですね(; ・`д・´)

その為、確実に消費カロリーが摂取カロリーを上回るので確実に痩せます(おそらく筋肉が大幅に減少してしまいますが)

この話のように基礎代謝と同じ程度のカロリーしか摂らないのはやめた方が賢明です。

しかしカロリーの計算が楽と言うのはメニューを考える手間を無くしたり、これを食べておけばとりあえず目標カロリー・栄養量は達成できる等便利な面があるので上手く活用しましょう!

おわりに・・・

いかがでしたでしょうか?

あまり良いとは言われないジャンクフードですがプロのボディビルダーで定期的に食べる方も存在します。

またコレステロールがテストステロンのもとになるとされているので脂質が高いジャンクフードを食べるべきだという意見もありますね。

絶対食べるべき・食べてはいけないとは言いません…過剰に食べてしまわないよう、自制心をコントロールしながら付き合っていきましょう!

今回は以上です!明日も良い1日を!

created by Rinker
¥1,430 (2022/09/27 10:24:00時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました