お気に入りのお菓子その1(黒糖ふ菓子)

食事関連!

はじめに・・・

お疲れ様です!ポントレです。

今回はお気に入りのお菓子の1つである「黒糖ふ菓子」について記事を作成致しました。

基本的にボディメイクをされている方は競技やボディビルをされている方以外は太るのを嫌うと思います。

その為、お菓子(特にケーキやクッキー、シュークリーム等)はあまり食べてはいけない的な空気があると思いますが、どうしても食べたいときはあるでしょう。

しかしお菓子の中にも脂質低めで罪悪感が小さく済む品もあります。その中の1つが「黒糖ふ菓子」です!

黒糖ふ菓子の栄養・・・

ちなみにこちらが黒糖ふ菓子の中で私が一番好きな ㈱やおきん 久助ふ菓子です!(楽天やAmazonでは販売していないようです……何故だ…)

一袋80g入り。80gの栄養成分がエネルギー304kcal、たんぱく質8.1g、脂質0.4g、炭水化物67g

ご覧通り非常に脂質が低く、ほとんどが炭水化物で構成されており、地味にたんぱく質が高めです。

カロリーは決して低いとは言えませんが脂質が非常に低いのはありがたいですね。

(昨今炭水化物の方が太ると言われていますが私個人としてはやはり脂質です…)

昔、脂質がほとんど含まず、炭水化物が大半の栄養を占めているということでプロテインとふ菓子で昼食を済ませていた時期がありました(笑)

食物繊維量がキャベツに匹敵する?・・・

ふ菓子は食物繊維を多く含んでいることも特徴の1つです。

商品にもよりますが100gで1.5g程度の食物繊維を含みます。キャベツが100gあたり1.8gです。

ふ菓子を食べるとお菓子を食べたいという欲求を満たしつつ、一日に20g摂るべきとされる食物繊維も摂取することが出来る……素晴らしいですね(*’▽’)

また食物繊維がそれなりに含まれている為か腹持ちも悪くありません。

上述した昼食の炭水化物としてふ菓子を食べていた際、1~2時間で早くも空腹を感じるということはありませんでした(^^)

おわりに・・・

いかがでしたでしょうか?

日本人にとってなじみ深い、ふ菓子。

ケーキやクッキー等に比べて地味ですが十分に甘さを感じることが出来、お菓子が食べたい……!!という欲求をしっかりと満たしてくれるでしょう(*‘∀‘)

ただ炭水化物はしっかり含んでいるので、オーバーカロリーで食っちゃ寝すればもちろん太ります。

個人的には運動後にプロテインや牛乳と一緒に食べる、運動前の糖質摂取に役立てる(食物繊維が多めなので直前は避けましょう)のがおすすめです!

ぜひお試しを!

今回は以上となります、明日も良い一日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました