(筋トレ2大巨頭)デッドリフトとスクワットを同日に行っても問題ないのかについて。

筋トレ

デッドリフトとスクワット、競技…特にアメフトやラグビーをやっている方はベンチプレスより重視している方が多いでしょう。

選手名鑑で対面選手がスクワット240㎏とか書いてあったら恐怖を感じます(笑)

初めに・・・

おはようございます!ポントレブログです!

デッドリフトとスクワット、トップクラスにしんどいトレーニングですが多くの部位を鍛えることが出来る素晴らしい種目です(^^)

ただしどちらも使用する部位の幅広さ、負荷の大きさゆえに万全の状態でなければしっかりと追い込むのは難しくケガもしやすいデメリットが悩ましいですね(-_-;)

というわけでデッドリフトとスクワットを同日に行っても問題ないのか?についてお話しします。

結論・・・

個人的にはおすすめ出来ません。

理由・・・

おすすめ出来ない理由として…

①鍛えられる部位が重複していること。

②負荷が非常に大きい種目の為、同日に行うと片方がしっかり追い込めなかったり、ケガに繋がる。

上記の2点が主な理由です。

①鍛えられる部位が重複している・・・

デッドリフトは背中、スクワットは下半身と分類している方もいらっしゃいますが通常のデッドリフトは下半身にも大きな負荷がかかります。

ざっくり言うとデッドリフトが背中・お尻・太もも、スクワットはお尻と太ももになります。

・・・2つ被ってますね(笑)

細かく言うと違う部分も多くありますがどちらも大きい筋肉が集中しているお尻と太ももに強い負荷がかかることに違いはありません(-_-;)

②負荷が非常に大きい為、同日に行うと片方が追い込めなかったり、ケガに繋がる・・・

どちらも基本的には高重量になりがちです。その為、後で行った片方の種目が力を発揮しづらく追い込めなかったり、フォームが崩れてケガに繋がる恐れがあります。

またどちらも腰に大きい負担をかける種目です。腰を痛めるとこの2種目以外にも悪影響を及ぼす可能性があります。

私はモチベーションを高く保ち、継続することを重要視しております。

ケガは絶対に避けたいところです((+_+))

これらの理由から同日に行うことはおすすめ出来ません…

どうしても同じ日に行いたい場合・・・

普段とやり方を変えることをおすすめ致します(´▽`)

例として重量を落とし回数やスピードを重視する、スクワットなら落とす深さを浅くする、デッドリフトであればスタートポジションを高くする等が挙げられるでしょうか。

身体は新しい刺激を受けると劇的に成長することもあるので、普段与えない刺激を与えるのは悪くないように感じます!(マンネリ防止や記録更新のきっかけになることも)

終わりに・・・

今回はデッドリフトとスクワットを同日に行っても問題ないのかについてお話しました!

学生時代は普通に同日のメニューに組み込んでいましたが、若さ由来の回復力や重量がまだ軽かった等様々な理由から問題無くこなせていたのだと思います(-_-;)

非常に負荷が強く椎間板ヘルニア等に陥る可能性もある種目なので、安全第一で取り組んでいきたいですね(^^)

今回は以上になります!良い1日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました