餅を筋トレに活かす!

食事関連!

お疲れ様です!ポントレです。

最近より気温が下がり、冬本番になってきましたね(北海道はー20℃を下回ったらしいです…)

今回は冬になると食べる頻度が上がる、お餅のメリットについてお話し致します(´▽`)

お餅は高GI値(数値が高いほど血糖値が急上昇しやすい)、高カロリーで太りやすいと聞きますよね。

しかし使い方によっては筋トレに取り組む方達の力になります。

上手く付き合って行きたいですね!

お餅がトレーニーに与えるメリット。

素早くエネルギーを補給できる。

ぜんざいきな粉餅にすれば食物繊維、たんぱく質も補給できる。

素早く、少量で多くのエネルギーを補給できる。

餅は白米よりも消化が早い上に少量で多くの炭水化物を摂取することが出来ます。

お餅や白米にはアミロペクチンというでんぷんが含まれています。

このでんぷんはとても消化が良く、白米よりもお餅の方が割合が高い為、すばやく消化されます。

(白米は消化に2.5~3時間、お餅は1~2時間)

次に含まれる炭水化物の量ですがお餅が100gあたり25.1g、235kcal。

白米のご飯は100gあたり37.1g、156kcal。

お餅の方がかなり炭水化物を多く含んでいることが分かります。

ということは同じ量の炭水化物を摂取しようとした場合、お餅の方が量が少なくなります。

消化されやすい点も考えると、より消化時間に差が生まれるということになりますね!

これらの理由から朝トレや仕事帰りに筋トレを行う等、あまり時間が無い時に役立ちます。

また少量で多くのカロリーを摂ることが出来ることから身体を大きくしたいけど少食…という方にもおすすめです(´▽`)

ぜんざい・きな粉餅にすれば食物繊維、たんぱく質も補給できる。

ぜんざいやきな粉餅は小豆や大豆を一緒に摂取出来る為、炭水化物+食物繊維、たんぱく質を摂取出来ます。

ぜんざいは入れる小豆の量にもよりますがお餅抜きで100gあたりたんぱく質4.4g、脂質0.4g、炭水化物約50gうち食物繊維3.75g、218kcal。

糖質が多くを占めていますね。

気になる方は砂糖の量を調整する必要性があるでしょう。

きな粉は100gあたりたんぱく質37.5g、脂質25.1g、炭水化物31gうち食物繊維16.9g、437kcal。

脂質が高めな点には注意しましょう(-_-;)

たんぱく質補給という点ではきな粉餅が優れていますが寒い季節に暖かいぜんざいは格別です。

どちらも甘い味付けがほとんどなので自制が効きづらいのが難点ですね(+_+)

おわり・・・

私はお餅が大好きで冬でなくても1㎏の袋を家に常備しています。

朝トレの日に寝坊した際、食べることが多いです(´ρ`)

ただ少量で多くのカロリー、炭水化物を摂取出来るのはメリットでもありデメリットでもあります…。

もし食べ過ぎたらいつも以上にハードなトレーニングを行いましょう(笑)

今回は以上となります。明日も良い一日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました