通勤時間も運動になる(消費カロリーを稼ぐ)

ダイエット

お疲れ様です!ポントレです(^^)

今回は通勤時間中の消費カロリーを増やすコツについて記事を作成致しました!

①、電車で座らない・・・

②、階段を利用する・・・

一日のカロリー消費量は大したことは無いかもしれませんがチリも積もれば山になる…痩せることを目標にしているのであれば取り組むことをおすすめ致します(´▽`)

①、電車で座らない・・・

電車(バスでもOK)の中で立っていると座っている状態よりも大きくカロリーを消費する為、出来るだけ座らないことをおすすめ致します。

消費カロリー 計算 通勤と検索すると出てくる「keisan」というサイトで計算してみたのですが約85㎏の私が10分電車の中で立っていると消費カロリーは27kcal。座った状態だと15kcal消費という結果でした。

DSC_0028_TEMP

2倍とまではいきませんがほぼ2倍ですね(^^)

私は大体片道30分くらい電車に揺られるのですが往復60分で72kcalの消費カロリー差が生まれますね。

これは1年で26280kcalにもなります(休みの日のことはとりあえず忘れましょう(笑))

7200kcal消費で脂肪が1㎏燃焼されるとされているので1年間で3.65㎏の脂肪を立つことで余分に燃焼することが出来ることになります(*’▽’)

そう考えると意外とバカにならないように感じませんか?

ただ電車(バス)の中で立つというのがミソなのかなと個人的に考えております。

理由として欧州予防心臓病学ジャーナルという雑誌?(間違っていたら申し訳ない)に立位は座位よりも消費カロリーが高いのは事実だが2倍にもなるとは言えない、という分析結果が掲載された為です。

しかしこの分析は乗り物の中で行われたわけではなさそうです…。

揺れる車内の中でしっかりと立位を保つにはバランスを保つための筋肉を働かせる必要性があります。

それによって消費カロリーが増すのではないかなと……(満員電車のストレスもよりエネルギーを使う理由の一つかもしれません…)

疲れている時は無理に立つ必要性は無いと思いますが、体力に余裕があるのであれば電車の中で立つことを推奨致します(^^)/

②、階段を利用する・・・

当たり前かもしれませんが平地で歩行するよりも階段を昇る方がより多くカロリーを消費することが出来ます。

こちらも上述したサイトで計算してみたのですが、3分階段を昇るのと3分平地を歩くのでは階段が39kcal、平地での歩行は13kcalという結果が出ました。

実際そんなに長く昇り続ける階段は無いと思いますがエスカレーター・エレベーター・階段どれでも同じ目的地に到着するのであれば出来るだけ階段を利用し、消費カロリーを稼ぎましょう!

おわりに・・・

いかがでしたでしょうか?

最初にお伝えしましたが、小さいことでも積もれば山になります。

一回ドカンと運動するのは始める前に億劫になって結局やらなかったり、続かなかったりとそんなに簡単なことではありません……。

しかし仕事に行く際、必ず発生する通勤時間等でちょっとした工夫をするぐらいであれば続けることはそんなに難しいことでは無いように感じます。

少しづつ確実に自分の目標とする身体に近づいていきましょう!

今回は以上となります!明日も良い一日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました