筋トレの前と直後は脂質控えめがおすすめ!(目的に合わせた食事を)

コラム

筋トレ後は頑張ったからと心に言い聞かせてガッツリ脂質をとりがちな私です……。

始めに・・・

こんにちは!ポントレです(^^)

今回は筋トレ前と直後は脂質を控えた方がよいと感じることについてお話致します!

脂質は生物にとって必須の栄養素ですが筋トレ前・直後にたくさん摂取すると筋肥大の効率が落ちる恐れが…。

それではいってみましょう!

脂質を筋トレ前・直後は控えるべき理由・・・

消化吸収が遅くなる為、

①・・・トレーニング中に気分が悪くなったり腹痛を起こす原因となる。

②・・・せっかく筋たんぱく質の合成が活発な状態なのに栄養を供給する効率が悪くなる。

①トレーニング中に気分が悪くなったり腹痛を起こす原因となる。

脂質は炭水化物、たんぱく質に比べ消化吸収に時間がかかります。

筋トレ直前に摂取すると体調不良を引き起こす可能性が高いので、直前の摂取はおすすめしません。

激しい運動を行うとき「3時間前には食事を済ませましょう」と良く聞きますよね。

それは炭水化物の消化吸収がおよそ2~3時間かかるためです。

たんぱく質は4~5時間、脂質はなんと7~8時間と言われています(-_-;)

ガッツリ消化活動を行っているときにハードな筋トレ・スポーツを始めたら、体は消化活動に専念できなくなってしまいますよね……。

結果、消化か運動かどっちつかずの状態となり、体調不良やパフォーマンス低下を引き起こしてしまいます((+_+))

たんぱく質も4~5時間かかる為、あまりトレーニングまでに時間を取れない場合は豆腐やプロテインパウダーなど消化吸収しやすいものに変えた方が良いかもしれませんね!

※たんぱく質の方が炭水化物より消化吸収が早いという意見もありますが、個人的にはたんぱく質の方が残っている感があります…。

②せっかく筋たんぱく質の合成が活発な状態なのに栄養を供給する効率が悪くなる。

脂質は胃の運動を抑えてしまう為、一緒に摂取したたんぱく質を身体に供給するのを阻害してしまう可能性があります。その為、筋トレ直後は控えた方が良いと考えています。

脂質が体内に入ると十二指腸まで送られ消化吸収が行われます。

その際、脂質の消化を促進するホルモンが分泌されるのですがこのホルモンに胃の運動を抑制する効果があります(; ・`д・´)

その為、共に摂取したたんぱく質の消化吸収を邪魔することとなり、最も筋たんぱく質の合成が活発化する筋トレ後1~3時間を最大限に活かすことが出来なくなってしまいます……。

せっかくのボーナスタイム…逃さないようにしたいですよね!

以上の理由から筋トレの前・直後は脂質を控えることをおすすめします!

目的に合わせて食事内容をカスタマイズしよう・・・

とはいえ脂質は細胞膜や様々なホルモンの構成素材であり、ビタミン吸収の促進、生命活動の維持に欠かせない栄養素です(*’▽’)

トレーニング前は目的がどうであれ、脂質を抑えることをおすすめします(トレーニングに集中した方が良いので)

しかしトレーニング後に関しては目的に合わせ食事内容を変えるのが良いように感じます。

筋肥大なら上述のように脂質控えめ、たんぱく質多め。

ダイエットならカロリーを抑えつつ、栄養素の構成比をバランスよく(大体炭水化物60%たんぱく質・脂質20%が目安と聞きます)

健康維持であれば栄養素の構成比のバランスを保ちつつ、しっかりと食事をとる!

食事で身体は作られます!自分の身体に相談しつつ、内容をカスタマイズしましょう!

終わりに・・・

いかがでしたでしょうか?

美味しくて、身体に必須、でもカロリーが高く、中性脂肪になりやすい(;・∀・)

身体作りに励む我々を困らせるがどこか憎めない脂質という存在…..。

上手に付き合っていきたいですね!

今回は以上となります。今日も良い一日を👍

コメント

タイトルとURLをコピーしました