日誌その2(トレーニング場に行けなくても筋トレしたくなる)

日誌
DSC_0039_TEMP

お疲れ様です、ポントレです!

先週から5連休を取得し、大阪に行ったり映画に行ったり大人の財力に任せて夏を満喫しております(大雨によって地元の北陸に戻れなかったのは残念ですが…)

大阪には一泊二日で滞在しましたが旅行中もやはり筋トレをしたくなってしまいます。

筋トレが趣味の方は分かって下さるのではないでしょうか?

もはや病気ですよね(笑)

DSC_0036_TEMP

オーバーワークになると筋肉が成長しない、休ませないと私生活や仕事に支障が出る、筋分解が優勢になってしまう、全力を出せないから筋トレの効果が薄まる…等色んな話を聞きますがそれでも筋トレしたくなりますよね?

筋トレは道具が無くとも出来てしまいます。

それが良いところでもあり、悪いところでもありますね(; ・`д・´)

私は自重の時は通常の腕立て伏せ、デクラインプッシュアップ、椅子を二つ使用したリバースプッシュアップ、片足スクワット、シシースクワットをよく行います。

大阪滞在中もホテル内で腕立て伏せを行っていました(Bring Sally upという曲に合わせて行うのでかなり強烈です)

DSC_0063_TEMP

公園が近くにあれば懸垂も行っていたかもしれません(-_-;)

ただ休息が大事なのは事実、個人的には10代や20代前半の間はがむしゃらに取り組むのも悪くないと考えています(回復が早いし、そういう時間も大切です)

しかしある程度年をとると回復に時間がかかりますし家族や仕事等様々なしがらみがあり、身体を壊す恐れがある行為は避けた方が良いように感じます…。

どこかで聞いた言葉ですが「休む勇気を持つ」ことが大事なのだと思います!

DSC_0054_TEMP

とは言え筋トレへの情熱は中々消えませんし、休むと弱くなってしまうのではという不安や恐怖が生まれますよね…。

それらのモヤっとした感情を解消する様々な方法があると思いますが私が筋トレを休む時に行っていることをいくつか紹介致します。

①、散歩する(出来れば芝生の上や森の中が好ましい)

とにかく歩きます。以前自然の中を歩くだけでストレスが減少するという記事を書きましたが、様々な雑念がとっぱわれ不安が和らぎます。

良い感じに疲労もするので、身体を追い込みたいというという欲が満たされるのもポイントかもしれません(´▽`)

ちなみにドラクエウォークというスマホゲームをプレイしており、現実で歩いた歩数がゲームに影響を与えるので一石二鳥です(ツイッターの別アカウントでそのゲームのことをツイートしていますのでよかったらどうぞ(笑))

https://twitter.com/ponkan108

②、サブウェイのサンドイッチ(もちろんサイズロング)を食べる。

サブウェイのサンドイッチは最高です!

コーラやビールを用意して外で食べた時は天に昇ることが出来ます。

たんぱく質が高く、脂質低めな商品があるので罪悪感もほどほどに良い気分転換となります!

自分のお気に入りの食事をすると明日への活力を得ることが出来、次のトレーニングのやる気も高まると私は考えています。

ただ頻繁に食べると特別感が薄れ、ありがたみも無くなるのでたまにということを心掛けて下さい!

ちなみにサラダチキンを食べると言いたいとこですがチリチキンがお気に入りです(笑)

ドレッシングや内容物によっては脂質が高かったりする点はご注意を(;・∀・)

自分なりの不安やストレスの解消方法を見つけ、筋トレを休むことに対する恐怖に打ち勝ちましょう!

今回は以上となります!今日も良い一日を(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました