日誌その1(食事抜きで朝トレしたらキツかった…)

日誌

こんばんは、ポントレです!

本日からたまに私生活であったことや感じたことについての日誌を書いていきます!(知識や技術関連のネタがどうしても思いつかない時があるので(笑))

トレーニングやダイエットに関係ないことも書くかもしれませんが、暖かい目で見て下さるとありがたいです(*^^*)

最近の朝、トレーニング場に置いてあるInBodyで測定を行った際、測定する為に食事をしていない状態だけど戻って食べてからまた戻ってくるのが面倒だと感じました。

その際、あるYouTubeの動画で筋トレの前夜に栄養を摂っていれば、筋肉にグリコーゲンが充填された状態になっているから朝トレは食事をせずに行っても良いと話していたことを思い出しました(; ・`д・´)

そこで普段は絶対やらないのですが水以外何も摂っていない状態でトレーニングを決行することに致しました!

その日はデッドリフト→トライセプスエクステンション→ショルダープレス→懸垂を行う日でした。

足首を掴みしゃがんだ状態から足首を掴んだまま、前屈のような状態になるアップを行った後(知り合いに教わったのですが下半身全体を同時にストレッチ出来るとのこと)

早速デッドリフトに取り組みました!

すると力が入らず、普段より25㎏ほど落とした重量でなければ目標としている回数をこなすことが出来ないという結果に終わりました……。

やはり私は食事抜きでトレーニングをするのは向いていない人間のようです……。

しかしこれはデッドリフトという、数あるトレーニング種目の中でも高負荷な種目だからというのもあるように感じました。

理由として次に行ったトライセプスエクステンションに関しては普段と変わらない重量で問題無く取り組むことが出来た為です(´▽`)

デッドリフトはコンパウンド(多関節)種目であり、高重量&大きいほとんどの全身の筋肉の多くを占める下半身を重点的に使用します。

それに比べトライセプスエクステンションは基本的に肘のみを曲げるアイソレーション(単関節)種目であり、そこまで重い重量は扱えない上に上半身の筋肉なのでデッドリフトほど多くの筋肉を動員しません。

その違いが問題無く出来る・出来ないといった差として現れたのかなと勝手に解釈しています(笑)

正直勉学でも運動でも人それぞれ高い効果を生む方法は違うと思います。

その為、私はダメでしたが食事抜きでも全く問題なく、トレーニングを行うことが可能な方もたくさんいらっしゃるでしょう。

ただ個人的には食事を食べずに朝トレを行うのであれば高負荷のものは避け、低~中程度の負荷のトレーニングに取り組んだ方が良いように感じました(;’∀’)

朝はまだ身体が目覚めていない為、ケガをしやすかったり血圧が上がりやすいなんかも聞いたりしますので……。

個人にあったやり方で高い効果を享受出来るようにして行きたいですね!

created by Rinker
¥1,683 (2022/09/27 10:47:43時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました