パワーベルトの装着の仕方(筋トレの安定感アップ)

コラム

お疲れ様です!ポントレです(^^)

今朝デッドリフトを行ってきました!

その際、ゴールドジムのXSサイズパワーベルトの一番締まる位置でピンを通すことが出来るようになっていることに気付きました……。

もちろんお腹をひっこめた状態でです。

その際、なんとなくやっていたけどこれは正しい装着の仕方なのだろうかと疑問に感じました(;・∀・)

学生時代息を吐いた状態で出来るだけ強く締めなさいと教わり、何も考えずにそうしてきましたがこの機会に少し調べてみることに致しました。

正しい装着の仕方・・・

下部肋骨と骨盤の間で少しお腹をへこませた状態で締める(指一本が入る位のキツさ)

何か位置が分かりづらいですね…大体、パワーベルトの下の部分が普段身に着けているベルトの上部位の位置で装着すると考えておくと良いと思います(´▽`)

鈴木雅さん、相澤隼人さんがYouTubeで紹介されていましたがラック等を使わず手で締めれる強さが丁度良いとのことです(強く締めすぎると肋骨が開き、逆に腹圧を掛けづらくなってしまう為)

弱すぎももちろんよろしくありませんが少しお腹をへこませて締めれば十分に身体の芯が安定する感覚が得られると思います!

パワーベルトを装着する目的は腹圧をかけやすくし、ケガの防止とパワーを発揮しやすくするところにあります。

腹圧が掛けづらくなると体幹が不安定になり、ケガのリスクが高まってしまいます……。

逆に身体を痛めつけてしまっては本末転倒です!

正しい付け方をし、十分に効力が発揮出来るようにしたいですね(´▽`)

パワーベルトは付けた方が良い?・・・

個人的には付けた方が良いと考えております。

理由としてはスクワットやデッドリフトを行う際の安定感・安心感が段違いな為です。

パワーベルトを着けていなければ発揮できないパワーなんて意味がない、腹圧をかけることが下手くそになる等の意見も分からなくはありません。

自分も昔ベルト(リストストラップ等の補助具類)無しにこだわっていた時期があります。

最初は自分が完璧にコントロール出来る重量の範囲で行おうと考えておりましたが、挙がったら上の重量に挑戦したくなるのがトレーニーの性。ガンガン重量を伸ばし最後には腰を痛め、仕事にまで支障を及ぼす事態となりました……。

ベルト無しで取り組んで脱腸したという恐ろしい話も聞いたりします……。

過去の記事でも何度か書きましたがケガをしないことが最も重要です(; ・`д・´)

ケガを負う可能性を下げることが出来るのであればするに越したことはありません!

大ケガを負って、筋トレから身を引くといった事態になったら悔やみきれません((+_+))

おわりに・・・

いかがでしたでしょうか?

なんとなく疑問に感じ、調べてみましたが自分の装着の仕方がおおむね正しかったので少し安心しました(-_-;)

今後も疑問を感じたことは積極的に調べていこうと考えております。

学生時代、数学とかもこれぐらい熱心に勉強したら良かったのですが(笑)

今回は以上となります!明日も良い一日を( `ー´)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました