クールダウンは筋トレ後に必要?(乳酸の除去効果は見込める…)

コラム

クールダウン…子供の時からスポーツ少年団や部活でするのが当たり前となんとなくされている方も多いことでしょう…正直私もそうです(笑)

始めに・・・

こんにちは!ポントレです!

今回は筋トレ後のクールダウンは効果的なものなのか?についてお話致します(´▽`)

個人的見解・・・

あまり高い効果は認められないが、身体が楽になる気がする(それが身体的・精神的何によるものかは分かりません(-_-;))

クールダウンの効果とされているもの・・・

①疲労の減少・②筋肉痛の抑制・③柔軟性向上・④筋力の回復を促す…等が挙げられます。

他にも脳の疲労がとれる・ストレスの軽減・睡眠の質向上と書いてあるものも見られますね(^^)

実際、どうなの?・・・

①②③④に関して近年言われていることを述べますと…

① クールダウンによって乳酸が除去され、疲労が減少する…疲労は乳酸ではなく、筋肉が酸性になることが要因なので効果なし(乳酸の除去効果は実際にあるとのこと)

② クールダウンによって乳酸、筋肉痛の要因となる因子が減少する為、筋肉痛が抑制される…最近の研究ではその考えが否定され続け信憑性が薄い。

③ クールダウンが筋トレによる筋損傷で生じた筋肉の硬さを改善し柔軟性が向上する…現在までその効果がはっきりと認められる報告は無し。

④ クールダウンによって筋肉内のグリコーゲンの再合成が早まる為、筋力が回復する…むしろグリコーゲン回復の妨げになる可能性がある(アクティブ・クールダウンの場合)

少し残念な結果ですね…..((+_+))

※(筋)グリコーゲン…炭水化物が原料となり、筋肉に蓄えられている糖の一種。グリコーゲンが分解されることで筋肉が収縮する際に必要なATPという物質が作り出される。

※アクティブ・クールダウン…軽いジョギングやウォーキングを行う(活動的)クールダウンのこと。パッシブ・クールダウンはマッサージやストレッチによる(受動的)クールダウンを意味する。

しかし・・・

様々な検証結果の内容を見ているとあまり高い効果は見込めなさそうです…しかしクールダウンを行うと身体が楽になる(軽くなる)効果が無いとは言い切れないように感じます。

現在はクールダウンを行っておりませんが経験上、筋トレに限らず運動後はクールダウンを行った方が数時間経過後の身体の痛みや疲労が小さいような気がしなくもありません(; ・`д・´)

理由は分かりませんが同じような感想を抱く方は少なくないのではないでしょうか?

個人的には疲労物質や脈拍がどうとかではなく、精神的な部分が大きいのではないかと考えております(運動後はクールダウンするのが当然とされてきたから疲労が無くなると脳が思い込み、本当に疲労が軽減されているように感じる…みたいな…)

終わり・・・

筋トレ後のクールダウンにはあまり効果が無いという報告が多数されています。

しかし疲労が回復しているように感じるのであれば、やった方が良いと私は考えています。

(まぁ私は面倒くささが勝りやっていないのですが…)

普段からクールダウンをされている方であればいったんやめてみる、されてない方であればやってみる。

普段との違いを実感し、やるか・やらないかを判断しましょう!

今回は以上となります。良い週末を!

created by Rinker
¥1,650 (2022/09/27 10:35:02時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました