アルコールと筋肉(お酒はほどほどに…)

食品

昨日((+_+))久々にお酒を飲んで若干二日酔いになってしまいました…社会人失格です((+_+))

はじめに・・・

こんばんは、ポントレです!

今回はアルコールが筋肉に与える影響についてお話致します。

段々暑くなりビールが美味しくなる時期です(外でバーベキューしながら飲むビールが一番好きです)

しかし楽しい時間を提供してくれる半面、飲みすぎると後悔することも少なくありません(-_-;)

楽しく終われる飲酒量を見極めれるようにしたいですね!

アルコールが筋肉に与える影響・・・

①筋肉の修復に回すたんぱく質が減少し、成長・回復を遅らせる。

②コルチゾール量が増加し筋肉の分解を促してしまう恐れがある。

それではいってみましょう!

①筋肉の修復に回すたんぱく質が減少し、成長・回復を遅らせる・・・

アルコールを摂取するとその処理に人間の身体が動き始める為、筋肉の強化が後回しになり、結果として筋肉の成長・回復が遅れてしまう恐れがあります。

筋肉は成長・回復する為にたんぱく質が必要です。しかしアルコールが分解されると発生するアセトアルデヒドという毒性物質を処理するためにたんぱく質が必要になります。

よってアルコールを摂取するとアセトアルデヒドの処理にたんぱく質を使用することとなるので筋肉に回す分のたんぱく質が減少し、成長・回復を阻害してしまう可能性があります((+_+))

それに加えアルコールには筋肉を成長させるとされるテストステロンの分泌量を減少させる働きがあるとされています。

早い話、筋トレをした後の筋肉が成長する時間をアルコールの分解処理に費やしてしまうことになるということですね(;・∀・)

②コルチゾール量が増加し筋肉の分解を促してしまう恐れがある・・・

アルコールを摂取するとストレスホルモンとも言われるコルチゾールの分泌量が増加し、その影響で筋分解が促進される可能性があります。

コルチゾールにはたんぱく質をアミノ酸に分解する作用と血糖値を上昇させる作用があります。

コルチゾールが増加→血糖値を上げようとする→血糖値を上げるために筋肉のたんぱく質をアミノ酸に分解し、そのアミノ酸からグルコース(ブドウ糖)を合成する(糖新生)→血糖値が上昇し、筋分解が促進されるといったことが起こります。

コルチゾールは本来、身体の炎症を抑えたり、血糖値を保つ等身体に必要なものです。

しかし増加しすぎると筋肉の分解・成長抑制、高血糖、高血圧等の悪影響を及ぼしてしまいます…(-_-;)

飲酒やストレスを感じる行動は出来るだけ抑え、コルチゾールが過剰な状態にならないような生活を送りたいですね(*’▽’)

個人的に感じていること・・・

めちゃくちゃ個人的な意見というかイメージなのですが、お酒が好きな方はガタイが良い方が多い気がします…。

知り合いに警察官の方がいるのですが非常にお酒が好きです。その同僚の方達もかなりの酒飲み揃いなのですが良い体格をしています(お腹が出ている方も多いですが)

日本空手道数見道場の数見肇館長や芸人のコアラ小嵐さん等もかなりの酒好きで有名ですよね(*’▽’)

とはいえ様々な研究報告から考えると多くの方達にとって、アルコールは筋肉に悪影響を与える可能性の方が高いと言えます。

飲まなかったらもっとすごい身体になっている可能性も否定出来ませんし…(; ・`д・´)

おわりに・・・

いかがでしたでしょうか?

筋トレをした日はお酒を抑えた方が良いように感じます(´▽`)

上手に付き合って行きましょう!

今回は以上です!明日も良い一日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました