「E.M.O.M.」に取り組んでみました(腕立て伏せ)

筋トレ

筋トレって謎の横文字が出てくることがちょくちょくありますよね…。

はじめに・・・

こんばんは、ポントレです!

今回は最近知った「E.M.O.M.」法と呼ばれる方法で腕立て伏せに取り組んでみて、感じたことに関して記事を作成してみました(*’▽’)

この記事でも少し触れていますので興味があればどうぞ!

「E.M.O.M.」とは・・・

回数や重量ではなく、時間をベースに行うトレーニング方法で筋持久力を強化するのに適したトレーニングとなっております(HIITは心肺能力の強化に適している)

例・・・種目は腕立て伏せ、1セット1分、目標回数は100レップ、1セット5レップという設定で行う場合。

まず時計を用意し、針が0秒を指したらスタート。正確なフォームで5レップ。針が0秒を再び指すまでの間休憩。針が一周し0秒を指したら再び5レップ。

これを繰り返し計20セット(5×20で100レップ)行う。

種目はスクワット、腹筋、何でも大丈夫です。

また休憩時間が短くなりますが1セット10回など回数を増やすのもOKです。

以前の記事にも書きましたが休憩時間が20秒を切ると筋持久力より心肺能力を重視したトレーニングになりますのでご注意を!

取り組んでみて・・・

正直自分にとってはかなりキツかったです…というより最後までやり切れませんでした(+_+))

私は毎週水曜日にBring Sally up チャレンジという腕立て伏せをこのチャレンジ名になっている曲に合わせて行うというトレーニングに取り組んでいます。

なかなか記録が伸びないので何か筋持久力を伸ばす方法はないかと調べた際に見つけたのがこの「E.M.O.M.」です。

5レップを20セットで100レップは楽すぎるだろうと考え、1セット1分、計100レップ、1セット10レップに挑戦してみました。

…恥ずかしながら70レップで挙がらなくなってしまいました…(*_*)

よくよく考えれば当たり前ですが休憩30秒ほどで正確なフォームで動作することを繰り返すのは中々難しいです(お尻を上げたりしたら多分楽勝になります)

すさまじくパンプするのでその感覚を味わいたい、筋持久力を伸ばしたいという方には非常におすすめ出来ます!

しかし、筋力を強化するのには向かないかなと感じました(´▽`)

おわりに・・・

いかがでしたでしょうか?

この「E.M.O.M.」という方法を数日おきに行えば、確実に腕立て伏せの回数を伸ばすことが期待できます(^^)

ただBring Sally up チャレンジに関しては自分のタイミングで腕立て伏せをすることが出来ず、下げた状態を維持する時間もあるのでまた少し違った持久力が必要かなとも考えています。

自分の筋持久力のなさに絶望しているので今後も定期的に取り組んでみます!

皆さんも興味があれば挑戦してみてはいかがでしょうか?

今回は以上となります。明日も良い一日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました